iPod Photoにアイウォンチュー

前にも書いたがやっぱり欲しい「iPod Photo」
でついついこんなページを読んでしまうともう気分は物欲まみれ。
いいなぁ。これ。
なんて悦の境地に入り込んでしまいます。
ただ「こんなたけー物買えないじゃん」と言う現実が
「じゃあもっとがんばって買えるようになろう」と思う気持ちに
少々負け気味であります。
記事の中にiPodとニコマートのカメラのツーショットもおもしろかったが(FTNかな?)
もう一つおもしろいことが書いてありました。
欧州の人は「写真を持ち歩く」って事です。人に見せたり見せ合ったり。・・・確かにそんなイメージが沸いてくる。仕事場のデスクの上には家族の写真と大きなサーモンを釣り上げた写真とかが飾ってそう(個人的イメージ)。でも見せ合うことで写真で人とのコミニティを築いているはずだ。
それに比べ確かに日本人は自分の写真を人に見せる習慣はない。だから見せられる習慣もない。日本人のかつての観光イメージはメガネに出っ歯にカメラだった筈だ。それなのに写真を持ち歩く習慣は僕にもない(カメラを持ち歩く習慣はあるけど)。だから自分の周りに写真の花を咲かせてみてはどうだろう。これは、ある意味かなり楽しい事なのかもと正直思ってくる。・・・明らかに口車に乗りやすい奴になっている。
だってプリクラだって写メールだってはやってるじゃない~。
買って買って~iPod Photo~。  ・・・・あぁ見苦しい。


広島県三原市は神明市

僕の実家は広島県三原市です。
この時期三原では神明市(しんめいいち)が開催されます。
内容はこちらに任せてとってもすごい人だかり。
昔の幅の狭い商店街に色々な露店がずらりと並びかなりテンション上がっちゃいます。
その中に見つけた古物屋さん。
結構好きなんですよねーこういった物見るの。
なかなか買えないんですけど・・・
時計にしても家具にしても布(?)にしても
良いと思う物はやっぱり高い!
見ているとカメラ用品らしきものが箱にぶち込まれてる。
こっちは少し安めの扱いだ。
おっ!と見てみると。
出る出る・・・
50mmレンズ・・・の箱
かなり古そうな55mmフィルター・・・の箱とケース
ミノルタαシリーズ・・・のマウントカバー
ミノルタα7700i・・・のROMカートリッジ
さすがに笑いがこみ上げてきた。
まだまだあるぞ
接写用のストロボ・・・の治具
Olympusのカメラ・・・のケース
Nikonレンズフィルター・・・の紙の箱
Canonレンズ・・・のフード
Olympus製のアングルピース・・・の一部
その後F4をぶら下げる僕を見て
店主さんが話かけてくれました。
「F4ですか?F6もでましたよね。
でも最近はデジタルカメラ多いですね。
でもフィルムカメラもやっぱりいいですよね。」
なんてすごく親近感の沸くお話。
とっても気さくな店主さんで少しほっとしました。
でも・・・
ないんですか?中身は?本体は?って感じでした(笑)
三原神明市での古物露店