眼下陶酔

見えていると
吸い込まれそうに
なるときがあります
たくさんの人と
たくさんの建物
そしてたくさんの思い
眼下陶酔
:: 眼下陶酔 :: Nikon FE-2 Ai Nikkor 28mmf2.8
呉の街は
すり鉢状に山に
囲まれ周囲から
隔離されています
そのためかつて鎮守府として
選ばれた歴史があり
その山裾には
民家が張り付くように
建ち並んでいます
道は迷路
気持ちも迷路
写欲ないっとき:BlogRankingに投票


眼下陶酔” への4件のコメント

  1. おはようございます。moju3です。
    今日の記事の「眼下陶酔」が気になって、
    さらに
    「Nikon FE-2 Ai Nikkor 28mmf2.8」
    となっているので、あれ?と思って、
    あった、あった、ありました。
    で、
    HP「写欲なひととき」を
    初めて覗かせてもらいました。
    まだ、さわりをさらっとだけですが、
    なんだか、もう・・・。
    もう、面白そうなものが
    次々見つかって、
    まいっちんぐまちこせんせい中。
    いちおう、とほほ、ということで。

  2. 「気持ちも迷路」気になりますね。
    私の気持ちも、今、迷路。。。
    迷路って苦しいけど、ないより、何か好き。

  3. moju3さんいらっしゃいです
    「ひととき」の方にもいらして頂けたのですね。かなり偏った全く役に立たない文面ですが、楽しんで頂けたらうれしいです。
    因みに先ほどmotolta SRT-101をアップしました。お暇なときにでもどうぞ。

  4. 修子さんいらっしゃいです。
    アトラクションにある迷路はゴールがあるってわかってるんですけど・・・ないんですよねーなかなか。気がついたらゴールを出ていた時があったりしますけど。
    でも、なーんも無いときよりいいですよね。だから誰も迷路の中にいつもいるのかもしれませんね。ただ、それに気づかない人はたくさんいるのかもしれませんけど・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です